家を建てる前に地質調査を隈なく行なおう!

耐震補強に向けた地盤把握

工事現場

地盤特性に応じた対策

わが国は、四つのプレートに挟まれているうえ、到るところに活断層が存在している地震大国です。そのため、南海トラフに代表されるようなプレート型地震や、直下型地震に備える必要があります。中でも、建築物に対して、地下水位が高い砂地盤では、液状化の発生が懸念されます。液状化判定としては、地下水位の位置や、粒度分布といった基礎設計の基礎資料となる地盤特性を把握する必要があります。そのためには、ボーリングやサウンディングといった地質調査を行う必要があります。中でも、地盤の密度や、粒度といった物性値を把握するためには、試料を採取する必要がありますので、ボーリングによる地質調査が不可欠となります。そのことで、地盤条件を把握することが出来ますので、耐震補強に向けた地盤改良等の対策が可能となります。

地盤条件把握に伴う優位性

地盤条件を把握することで、場合によっては、液状化判定において液状化しない地盤である場合もあります。その場合は、地盤改良等の対策も不要となりますので、大きなコスト縮減となります。また、地質調査の際は、地中だけでなく、調査地周辺の地質に関する既存資料の収集、および地形・地質踏査を行いますので、過去の災害履歴等の情報を得る場合もあります。このような過去の災害履歴を知ることは、耐震対策において貴重な情報となります。地質調査では、ボーリング位置を決定します。その後、ボーリングを行いますが、現位置試験の代表的なものに、土の硬軟や土の締まり具合の指標となるN値を求めるための標準貫入試験を挙げることができます。このN値に基づいて土質柱状図を作成します。そして、地盤に対する対策を講じることになります。このように、地質調査によって地盤を総合的に判定できますので、最適な対策工が立案されることになります。そして、地震発生時においても、被害を最小限に抑えることができるため、防災面においても有益な調査ということになります。

工事

地盤を調査する重要性

地盤調査は土地によって、国や自治体から法律と条例で義務付けられていることがあるので気をつけましょう。調査を行う専門業者を利用する目的はコストとリスクを抑えることなので、必ず地盤調査を行うようにするべきです。

ヘルメット

火災から人命を守る

一定の条件を満たす建築物には、有資格者による定期的な防火対象物点検が義務付けられており、違反すると刑罰の対象になります。貴重な人命や財産を火災から守るために、防火対象物点検は重要な役割を果たしています。

作業者

土壌の汚染をチェック

土壌汚染調査は、土壌が汚染しているかどうかを調べるというもので土地を売買するさいや土地の評価価格を調べるために行われます。特に売買では土壌汚染調査をすることで売買を安心して行うことができるメリットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加